1〜2週間前にしたい手続き

1〜2週間前にしたい手続き

calendar

引越しの1〜2週間前は、しなければいけない手続きが一番多い時期です。

 

市役所への手続き等、分かりづらいことも多く、抜けやモレなども起こりやすいので必要書類等をチェックして、ミスのないように進めましょう。


市役所で必要な手続き

menu転出・転居届
まず市役所でやることは、転出届を提出し、「転出証明書」を発行してもらうことです。手続きには印鑑が必要で、たいだいの市役所は引越しの2週間前から手続きが可能です。
また引越し先が同じ市町村内の場合は、転出届は必要ありません。引越し後に「転居届」を提出しましょう。

 

menu国民年金・国民健康保険
国民年金は住所変更をする必要があり、国民年金手帳を持参しましょう。市町村によっては、引越し後にしても良い場合があります。
国民健康保険は、資格喪失届を提出する必要があります。国民健康保険証を持参しましょう。

 

menu印鑑登録
市役所に印鑑登録をしている場合は、その廃止手続きが必要です。印鑑登録証(登録カード)を持参しましょう。市役所によっては、転出届を出せば印鑑登録を廃止してくれるところもあります。

 

menuその他の手続き
市役所で必要な手続きは、他にも児童手当や介護保険、医療費助成などの手当に関することもする必要があります。
また、意外に忘れられるのが犬の登録変更です。犬の登録は市役所によっては不要なところもあり、所轄の保健所で手続きを行うところもあります。

 

自分の該当する必要書類を事前に確認し、タイムリーに手続きが終わるようにしましょう。

 

郵便物の転送届

mail

郵便物の転送届は、郵便局にある専用ハガキを窓口に提出するか、ホームページで手続きができます。転送届は申請してから登録までに、1週間程度かかるので早めに申請しておきましょう。
ちなみに転送届は、希望日から1年間、新居に転送してくれます。


電気・ガス・水道

lamp

電気・ガス・水道は、それぞれ現住所での停止手続きと、新居での開始手続きが必要になります。電気は電力会社、ガスはガス会社、水道は水道局のホームページから申請ができます。
ホームページから申請して、専用のハガキを郵送しなければいけない所もあるので、早めに確認しましょう。


配達サービスや衛星放送の手続き

news

新聞や牛乳配達の宅配サービスを利用している場合は、住所変更の手続きが必要です。宅配サービスは早めに手続きをしておけば、1日も空くことなくサービスが継続できる所がほとんどです。
また、スカパーなどの衛星放送を契約している方は、現住所でレンタルしている機器の撤去や、新居での設備工事が必要になる可能性もあるので、早めにホームページなどから手続きをしましょう。

 

 


スポンサーリンク